【コスメコンシェルジュが徹底解説】オプティモ「インテンシブリペアエッセンス」が角栓対策におすすめの理由

肌の乾燥やゆらぎに悩む方から高い支持を得るオプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は、itscocoでも人気の保湿美容液。


そんな「インテンシブリペアエッセンス」ですが、実は顔のポツポツとした角栓対策にもおすすめのアイテムなのです。


今回は、オプティモシリーズの大ファンであるコスメコンシェルジュの筆者が、「インテンシブリペアエッセンス」の魅力についてご紹介!角栓ができる原因と併せて、「インテンシブリペアエッセンス」がおすすめである理由についても解説します。




この記事を
書いた人

writer_lisa

LISA

<プロフィール>
2011年よりライター活動開始。コスメコンシェルジュ資格取得後、美容ライターとしても活動を開始する。
スキンケアを中心に数多くの美容コラムを執筆。一人ひとりの肌質や生活スタイルを想定したうえで、適切なケア方法を導き出すコラムを得意とする。
プライベートでは、デパコスからプチプラコスメ、ドクターズコスメ、海外コスメなど、ジャンルを問わずに気になったアイテムはすぐに試すスキンケアオタク。
不規則な食生活が続きがちで、健康維持はもっぱらサプリメントに頼りがち。

<所有資格>
・日本化粧品検定1級
・コスメコンシェルジュ

角栓ができる原因とは?


鼻や額を中心に現れる顔の角栓は、余分な皮脂や老化角質、メイク汚れなどが混ざり合い、毛穴に詰まることで起こる肌トラブル。主な原因は、肌の乾燥とターンオーバーの乱れであると言われています。


肌が乾燥すると、角質層のうるおいを守るために皮脂の過剰分泌が起こります。そこで分泌された余分な皮脂が肌表面で古い角質やメイク汚れと混ざり合うと、毛穴に詰まり、角栓として残るのですね。


また、肌のターンオーバーが乱れると、本来、垢となり剥がれ落ちるはずの老化角質が肌表面に残ります。この老化角質も角栓をつくる原因につながります。


角栓ケアにオプティモの「インテンシブリペアエッセンス」がおすすめの理由


顔にできるポツポツとした角栓には、吸着力のある酵素洗顔やスクラブ剤などを使用したケアが効果的。同時に、角栓の原因となる肌の乾燥を防ぎ、角栓ができにくい肌環境を整えていくことも重要になってきます。


オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は、そんな肌の乾燥対策や肌環境を整えたい時にこそ、ぴったりの保湿美容液なのです。



おすすめの理由①乾燥対策と肌環境を整える独自処方を採用


肌本来の状態に着目し、開発されたオプティモの「インテンシブリペアエッセンス」には、独自のSLB処方が採用されています。


このSLB処方では、3つの特徴成分を一定基準量満たした状態で配合。それぞれの成分が違う働きをすることにより、乾燥ダメージを防ぎ、肌を健やかな状態に導いてくれるのです。



<ビデンスピローサ>



「驚異のハーブ」「奇跡のハーブ」と呼ばれるほど、高い生命力を誇る「ビデンスピローサ*1」。オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」には、沖縄県宮古島の専用農場で、一つひとつ丁寧に育てられた無農薬ハーブのビデンスピローサが配合されています。


植物にとっては過酷な環境であると言われる宮古島でも、非常に強い生命力を持ち育つビデンスピローサは、角質層にうるおいを与えるとともに、乾燥ダメージを受けた肌にすばやく働きかけてくれます。また、本来の肌力を整え、トラブルレスな肌へと導いてくれる成分です。



<LPS(リポポリサッカライド)>



LPSは、主に土壌に含まれる菌由来の成分であり、野菜や穀類に多く含まれています。近年は、LPSのパワーが健康と美容の各方面で注目され、メディアに取り上げられることもあるのですよ。


そんなLPSの中でも、オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」には、美容成分として有名な”米ぬか”を使用した「パントエア菌LPS*2」を配合。ビデンスピローサとの相乗効果により、肌自らが健やかになろうとする力をサポートしてくれます。



<6種の植物幹細胞エキス*3>



ヒトや動物由来の幹細胞エキスもあるなか、オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」では、あえて肌が自然と整うことを目指した植物由来の幹細胞エキスを配合しています。


ブルガリア産ダマスクローズを中心に、保湿効果に期待ができる6種類の植物幹細胞エキスを独自処方にてブレンド。すべての植物が過酷な環境の中で成長と再生を繰り返しながら、しっかりと土台に根を張る逞しい生命力をもっています。


そんな豊富な成分たちは、主に角質層のうるおいをキープする役割を果たします。与えたうるおいを逃すことなく、プルプルの弾力のある肌を目指すことができるのです。




オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」には、これら3種類の特徴成分が独自のSLB処方で配合されているのです!


……が、成分名や処方名など、専門的なワードを聞いても「何となくすごそうだけど、少しわかりづらい」とも感じてしまいますよね。


簡単にお伝えすると、オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は、角質層にうるおいを与えて守る保湿美容液としての働きを行うだけでなく、厳選し、配合された成分が、肌本来の健やかさを目指すサポートまで行ってくれるのです。


保湿ケアを行うと同時に、繰り返す肌の乾燥対策ができるため、角栓ケアを行うと同時に、角栓ができにくい肌環境を目指すには、まさにぴったりの保湿美容液なのです。


*1:コシロノセンダングサエキス(保湿成分)

*2:パントエア / コメヌカ発酵エキス液(保湿成分)

*3:ダマスクバラカルス培養エキス、アメリカアサガオカルス培養エキス、ツバキカルスエキス、エーデルワイスカルス培養エキス、フウランカルス培養エキス、マドンナリリーカルス培養エキス(全て保湿成分)



おすすめの理由②毛穴ストレッチもできるしっとりテクスチャー


顔の角栓ケアをしたい時には、美容液を使用したやさしい毛穴ストレッチも有効な方法のひとつです。


オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は、蜜のようにとろけるしっとり感を味わえるテクスチャーの保湿美容液。こすったり塗りこんだりせずとも、スーッと肌表面で伸びてくれるため、肌への摩擦を抑えつつケアができます。スキンケア時の毛穴ストレッチにも、ぴったりの使用感です。


また、仕上がりでは、肌表面をコーティングされたような保湿感を感じつつも、ベタつきを感じないサラッと感が楽しめます。肌の乾燥対策はしたいけど、ベタつきは苦手という方にもぴったりなので、ストレスフリーで角栓ケアを続けられますよ。



おすすめの理由③持ち運びにも便利なコンパクトサイズ


気候や天候によっては、朝しっかり保湿をしても、外出先で肌の乾燥が気になる時もありますよね。


オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は、ポーチに入れて持ち運びができるコンパクトサイズの保湿美容液。自宅はもちろん、職場や旅先など、外出先でも日中の保湿ケアを叶えてくれます。


また、スポイトで取り出すため、使用する量を調整しやすいのも嬉しいポイントです。肌乾燥が気になる時に、必要な量だけをなじませる保湿ケアも可能なので、メイク直しの際に保湿ケアが同時にできるというメリットも持ち合わせています。


オプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は様々な肌悩みに寄り添う保湿美容液

年齢を重ねるごとに、乾燥が原因の肌悩みが増えていくと感じる人もきっと多いかと思います。


今回ご紹介したオプティモの「インテンシブリペアエッセンス」は、乾燥対策や肌荒れ対策だけでなく、ポツポツが気になる角栓対策にもおすすめの保湿美容液です。


「カサつきやゴワつきだけでなく、顔の目立つ角栓も気になってきた」とお悩みの方は、ぜひ一度、実際の商品を手に取り、ワンランク上の角栓ケアを始めてみてはいかがでしょうか。


【参考文献】

・オプティモ公式Instagram(https://www.instagram.com/optimo.slb/)

・日本化粧品検定2級&3級対策テキスト(主婦の友社)


ページトップへ